子どものスマホトラブル対応ガイド

携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。

フリースクールみらいのつぼみ

安川雅史ブログ
安川雅史ブログ

親子のホッとネット大作戦

安川雅史ブログ
安川雅史ブログ
いじめに合いやすい度を調べる心理テスト
いじめに合いやすい度を調べる心理テスト
大人は知らない子どものネット脅威動画
大人は知らない子どものネット脅威動画
取材依頼・講演依頼
取材依頼・講演依頼
学校裏サイトリンク集
学校裏サイトリンク集
チェーンメール転送先一覧
チェーンメール転送先一覧
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
いじめ対策マニュアルダウンロード
いじめ対策マニュアルダウンロード
不登校児対応専門能力検定
不登校児対応専門能力検定
心理療法カウンセラー養成講座
心理療法カウンセラー養成講座
カウンセリングルーム  みらい
カウンセリングルーム  みらい
全国webカウンセリング協議会HP
全国webカウンセリング協議会HP
ネットいじめ対策
ネットいじめ対策
不登校児対応専門能力検定
不登校児対応専門能力検定
思春期の子ども対応研修会
思春期の子ども対応研修会
心理カウンセラーを目指すなら全国webカウンセリング協議会
心理カウンセラーを目指すなら全国webカウンセリング協議会
心理療法カウンセラー養成講座
心理療法カウンセラー養成講座
安川雅史ホームページ
安川雅史ホームページ
不登校児対応アドバイザー養成講座
不登校児対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会紹介ページ
全国webカウンセリング協議会紹介ページ
不登校・ひきこもり 対策
不登校・ひきこもり 対策
安川雅史講師依頼
安川雅史講師依頼
安川雅史アルバム
安川雅史アルバム
全国webカウンセリング協議会リンク集
全国webカウンセリング協議会リンク集
カウンセリング講座受講者の感想
カウンセリング講座受講者の感想
親力テスト
親力テスト
子ども無料相談室  みらい      (ネットいじめ・いじめ・不登校相談)18歳以下限定
子ども無料相談室  みらい      (ネットいじめ・いじめ・不登校相談)18歳以下限定
カウンセラー適正診断
カウンセラー適正診断
全国webカウンセリング協議会協賛金のご案内
全国webカウンセリング協議会協賛金のご案内
安川雅史取材依頼はこちら
安川雅史取材依頼はこちら
安川雅史講演依頼はこちら
安川雅史講演依頼はこちら
安川雅史書籍購入はこちら
安川雅史書籍購入はこちら

高校生問題行動等防止推進事業

 

自分で考えるプロジェクト

子どものスマホ・トラブル対応ガイド(予約 - web ...

shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...

 

 

子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! 「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――

全国webカウンセリング協議会安川雅史が解説する「いじめがなくならない理由」

 

  

いじめがなくならない理由

 

全国webカウンセリング協議会安川雅史

 

人間は誰でも生まれながらにして攻撃性を持っています。これは大人にも子どもにも当てはまります。現に、大人であっても影で他人に対する攻撃的な悪口を言う人は沢山いますし、国会などの議論でも、他人をコテンパンにやっつけたいという攻撃的な質疑応答が行われています。誰かを攻撃したりいじめたりすることによりストレスを解消したり、自らの劣等感を誤魔化したりするのが、人間の本質なのかも知れません。しかし、人間の大半が、人を傷つけたり、いじめたりすることが悪いことだとわかっています。わかっているのに、どうしてやめられない。そこで、自分が悪いことをしていることを正当化するために、「あいつはいじめられて当然な人間である」と思い込むようになってしまうのです。いじめを止める勇気がない傍観者にとっても、いじめられている子に問題があると思い込めば気持ちが楽になります。クラス全体がこのような心理に捕われてしまうと、いじめを容認し、それに加担してしまうという深刻な状態に陥ってしまいます。クラスや部活動の全員が加害者側につき、ひとりをいじめの標的にしてしまう背景には別な理由もあります。それは自己防衛です。子どもたちは自分にいじめの矛先が向かうことを恐れ、ある特定のひとりに対するいじめに加担してしまいます。自分をいじめの被害から守るためには、いじめられっ子の存在は都合が良いと感じてしまうのです。周囲がそのような状況になると、いじめられている本人も「自分は駄目な人間だ」と思い込んでしまい、冷静な判断ができなくなります。絶望的になり自殺に走ってしまう子もいます。ここまで追い詰められた子は親や教師に相談することもなかなかできません。いじめっ子の仕返しが怖いだけでなく、いじめられていることを認めてしまうと自尊心が傷ついてしまうからです。

 

 

ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会紹介
全国webカウンセリング協議会設立

全国webカウンセリング協議会各種講座 

 

 

いじめにあっている子どもに多い特徴

 

1. 真面目すぎる 2.弱く見える 3.不潔 4.物事に逃げ腰

5.わがままで自分勝手 6.物静か 7.自分に自信がない

8.親が権威を振りかざしている 9.身体的コンプレックスを悲観している

10.比較的軽い高機能自閉症などがある 11.経済的貧困

12.運動音痴 13.からかわれると過剰反応をする

14.おしゃべり(秘密をしゃべる。告げ口する)

15.幼い 16.悪口をいう 17.知的障害 18.吃音 

19.学力が低い 20.異性の前で調子が良すぎる 

21.他の人とは違う趣味を持っている

22.いつも教師に褒められようとする

23.目立ちたがり 24.すぐに誰かを頼る

25.冗談が通じない 26.テレビや芸能界、雑誌の話題ができない

27.生意気 28.孤立している 29.勉強ばかりして友達がいない

30.約束を守らない 31.悩みを抱えている 32.臆病そうに見える

 

これらを見てわかる通り、ほとんどすべての子は、いくつかの要素は持ち合わせています。つまり、学校生活では誰もがいじめの被害者になる可能性を秘めていることになります。

周りの大人はいじめに遭っている子どもが出しているSOSのサインを見逃しては決していけません。

 

文部科学省「平成22年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

 

いじめ発見のきっかけは、主に「本人からの訴え」、「本人の保護者からの訴え」、「学級担任が発見」、「アンケート調査などの学校の取組により発見」の順に多く、担任や学校の発見の割合が3分の1である。いじめの態様は、「ひやかしやからかい、悪口や脅し文句、いやなことを言われる」が3分の2を占める。続いて、「仲間はずれ、集団による無視をされる」が多かった。高等学校では、「パソコンや携帯電話等で、誹謗中傷やいやなことをされる」が2番目となっている。いじめの現在の状況は、「解消した」が76.9%である。いじめの日常的な実態把握の取組として、アンケートの実施をしている学校は、78.8%であり、「個人ノートや生活ノートなど教職員と児童生徒との間で日常的に行われている日記等」は75.2%である。

 

 

進化するネットいじめ今、怖いのはLINEの“外し”女性自身 1017()配信http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci

http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/7967

 

 

LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231

 

201312月9日(火曜日) AERA 「KS」「外し」・・・子どもたちのLINE地獄

http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html 

 

 

いじめの内容

 

<男子>

 

1位悪口・からかい

2位殴る・蹴る

3位仲間外れ,無視

4位物隠し,物汚し

5位言い掛かり・脅し

6位用事を言い付ける

7位人に笑われたり叱られたりすることを無理にさせる

 

<女子>

 

1位仲間外れ,無視

2位悪口・からかい

3位物隠し,物汚し

4位言い掛かり・脅し

5位人に笑われたり叱られたりすることを無理にさせる

6位用事を言い付ける

7位殴る・蹴る

 

自殺にまで追い込まれてしまう子どもは、「大人しい子」「優しい子」「内向的な子」に多いといえます。こうした子たちは、親を悲しませたくないためにいじめにあっていることを話しません。話してしまうことによって余計に自分が惨めになってしまうこともあり、ますます内向的になってしまうのです。いじめられている子どもは、いじめのこと以外は何も考えられない状態になります。次から次へとあふれ出てくる苦しみはいつ尽きるとも知れず、際限がありません。こうした精神状況に陥ってしまった子どもたちの中には、いじめによってジワリジワリと追い詰められることが当たり前だと思い込んでしまう子もいるのです。その結果、自分は生きている価値がない人間だと悩むようになり、次第に自殺を考えるようになります。自殺すれば永久にいじめられることもなくなりますし、仕返しをされる心配もありません。また自殺することによって、いじめていた相手に仕返しができるとの考えも浮かんできます。いじめの悩みを解消する術はいくらでもありますが、一人で思い悩んでいるうちに「自殺」という、「解決方法」にひきつけられていってしまうのです。周りの大人はいじめにあっている子どもを守らなければなりません。

学校の「担任制」というものにも弊害があります。1つのクラスを1人の担任が受け持つだけでは、生徒は実質上、担任の教師だけにしか相談することができません。ましてや、その担任教師があまり教育に熱心でなかったり、経験不足やいじめなどの知識が少なかったりしたら、子どものことを理解することができない恐れもあります。そうなると、子どもは学校で誰にも相談することができなくなってしまいます。子どもにしてみれば、体育の先生が好きで、その先生の方が相談しやすいという子どももいるかもしれませんし、となりのクラスの先生の方が、自分の悩みについて適切にアドバイスしてくれるのではないかと感じていたり、何となく話しやすいと感じている場合もあるでしょう。やはり人間同士ですから、相性というのがあるのです。ですが、担任制という制度は、「これだけの生徒のことはあなた(担任)が責任を持ってやりなさい」といって、さまざまな素養を持った教師を十把一絡げに扱い、その1人ひとりに、クラス単位で生徒たちを機械的に割り当ててしまう制度なのです。これは教える側の「怠慢」とも言えるし、また、責任主義の悪い形だともいえると思います。この制度では、いじめ問題などが起きても、「担任任せ」になってしまわざるを得ません。現行のやり方では、うまく生徒の問題に対応できないことも多々あるのです。 生徒のことを一番よく知っているのは担任の先生。それはそれでかまいませんが、さらに教師全員が、学校全体で1人ひとりの生徒に対して取り組んでいく姿勢が必要です。これは、生徒全員に気を配れ、ということでは決してありません。「あの生徒は○○先生が担任している生徒だから」と、はじめから眼中に入れないような態度は改めましょう、と言っているだけなのです。そうすれば、教師の誰かしらが、なんらかの「危険信号」を出している生徒のことにもっと早く気づき、その生徒の担任と相談したり協力したりするなどして、問題を解決に向かわせることができるはずなのです。いずれにしろ、生徒の自殺といった事件が起こった時、「いじめの事実については学校側で把握していなかった」、「そんな様子はなかった」などという教育者の言葉は、これ以上聞きたくありません。

 

寒さにふるえた者ほど

太陽の暖かさを感じる

人生の悩みをくぐった者ほど

生命の尊さを知る

W/ホイットマン)

 

お問合せ

 

全国webカウンセリング協議会

http://www.web-mind.jp/

 

 

 

 

webカウンセリングルーム みらい

 

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会の紹介ページ

全国webカウンセリング協議会活動内容

リベンジポルノ対策

LINEいじめ

広がるLINEいじめ、LINEトラブル

LINEいじめ相談事例

リベンジポルノ

リベンジポルノから身を守る対策

リベンジポルノ相談が増えた理由

リベンジポルノ相談事例

 

子どものスマホ・トラブル対応ガイド(予約) - 全国web ...

shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...

 

 

子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! 「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――

 

 

 

 

無視、仲間はずれ、悪口・・・保護者や教員がしっかりと弱い立場の子どもを守りましょう。

ネット上の誹謗中傷・・・犯罪行為なので警察の介入が必要な場合があります。

恐喝、暴力、強姦・・・犯罪行為。警察へ通報するなど司法の介入が必要。

 

卑劣な行為により大切な命が奪われることがあっては絶対にいけません!

                             

全国webカウンセリング協議会


安川雅史

◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会 【本部事務局】

〒105ー0014 東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階

TEL:03ー6865ー1911

FAX:03ー6865ー1918

URL: http://www.web-mind.jp/

Mail:info@web-mind.jp

全国webカウンセリング協議会安川雅史動画

平成23年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

平成24年度文部科学省初等中等教育局児童生徒課

 

平成23年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

 

平成24911日(火)文部科学省初等中等教育局児童生徒課

 

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/09/__icsFiles/afieldfile/2012/09/11/1325751_01.pdf

ネットいじめ関連情報

 

ネットいじめ関連情報
 

 

 

webカウンセリング協議会「ネットいじめ相談」「情報モラル教育講演会

ネットいじめの講演会なら全webカウンセリング協議会にお任せくださ

 
ネットいじめの相談なら信頼と実績の全webカウンセリング協議


想像を超えたネットいじめの世

学校裏サイトの現

10代のネット利用を追う!ネットいじめ対処法(1)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/teens/2008/05/22/19653.html

 

ネットいじめ対処法(2)

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/teens/2008/05/23/19664.html#top

 

ネットいじめに支援の輪

http://www.yomiuri.co.jp/net/interview/20080324nt13.htm

 

想像を超えたネットいじめの世界に絶句

http://news.mynavi.jp/articles/2008/04/30/netbullying/index.html

 

気づきにくいネットいじめ

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20120825-OYT8T00291.htm

 

NHKティーチャ‐ズライブラリー

ケータイが生む新たないじめ

http://www.nhk.or.jp/archives/teachers-l/kosei/ks_jc02.html

 

WEB110[犯罪関連リンク集]

http://www.web110.com/links/index.html

 

学校裏サイト対策講座

http://news.mynavi.jp/news/2008/03/10/026/index.html

 

ネットいじめ対策資格認定制度

http://japan.cnet.com/news/biz/20368888/

 

危機管理研修

http://www3.sakai.ed.jp/weblog/index.php?id=sakai157&type=0&no=4&date=20110306

 

第169回国会青少年問題に関する特別委員会

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/007316920080425007.htm

 

ケータイ依存度検査

http://www.yasukawa.info/weblog/2008/03/post_291.html

 

ケータイ・ネット問題講演会

http://www.pref.okayama.jp/page/detail-30033.html

 

ネットいじめ対策

http://www.yasukawa.info/bullying.html

 

全国webカウンセリング協議会安川雅史理事長に聞く

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20121115-OYT8T00559.htm

 

 

悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?

http://journal.shingakunet.com/column/6865/

 

 

安川雅史ネットいじめインタビュー

http://www.mammo.tv/interview/archives/no247.html

 

子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

 

子どもとネット 「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて

 

ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ

 

ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

 

ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

 

 

 

 

 

ネットいじめ関連ニュース