子どものスマホトラブル対応ガイド

携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。

フリースクールみらいのつぼみ

安川雅史ブログ
安川雅史ブログ

親子のホッとネット大作戦

安川雅史ブログ
安川雅史ブログ
いじめに合いやすい度を調べる心理テスト
いじめに合いやすい度を調べる心理テスト
大人は知らない子どものネット脅威動画
大人は知らない子どものネット脅威動画
取材依頼・講演依頼
取材依頼・講演依頼
学校裏サイトリンク集
学校裏サイトリンク集
チェーンメール転送先一覧
チェーンメール転送先一覧
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
いじめ対策マニュアルダウンロード
いじめ対策マニュアルダウンロード
不登校児対応専門能力検定
不登校児対応専門能力検定
心理療法カウンセラー養成講座
心理療法カウンセラー養成講座
カウンセリングルーム  みらい
カウンセリングルーム  みらい
全国webカウンセリング協議会HP
全国webカウンセリング協議会HP
ネットいじめ対策
ネットいじめ対策
不登校児対応専門能力検定
不登校児対応専門能力検定
思春期の子ども対応研修会
思春期の子ども対応研修会
心理カウンセラーを目指すなら全国webカウンセリング協議会
心理カウンセラーを目指すなら全国webカウンセリング協議会
心理療法カウンセラー養成講座
心理療法カウンセラー養成講座
安川雅史ホームページ
安川雅史ホームページ
不登校児対応アドバイザー養成講座
不登校児対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会紹介ページ
全国webカウンセリング協議会紹介ページ
不登校・ひきこもり 対策
不登校・ひきこもり 対策
安川雅史講師依頼
安川雅史講師依頼
安川雅史アルバム
安川雅史アルバム
全国webカウンセリング協議会リンク集
全国webカウンセリング協議会リンク集
カウンセリング講座受講者の感想
カウンセリング講座受講者の感想
親力テスト
親力テスト
子ども無料相談室  みらい      (ネットいじめ・いじめ・不登校相談)18歳以下限定
子ども無料相談室  みらい      (ネットいじめ・いじめ・不登校相談)18歳以下限定
カウンセラー適正診断
カウンセラー適正診断
全国webカウンセリング協議会協賛金のご案内
全国webカウンセリング協議会協賛金のご案内
安川雅史取材依頼はこちら
安川雅史取材依頼はこちら
安川雅史講演依頼はこちら
安川雅史講演依頼はこちら
安川雅史書籍購入はこちら
安川雅史書籍購入はこちら

高校生問題行動等防止推進事業

 

自分で考えるプロジェクト

チェーンメール対策

 

チェーンメール被害相談

 

 

  全国webカウンセリング協議会 安川雅史

 


チェーンメールとは、届いたメールをそのまま複数の人に転送するように求めるメールのことです。かつて「不幸の手紙」と言われたものの電子メール版です。例えば、「このメールが届いたら24時間以内に10人に転送しなければお前がいじめの対象になる」「お前のところでメールが止まると転送された全員のパケット料金を払わなければならない」「このメールを止めた人は呪われる」などのメッセージにより不安をあおります。さらにうわさや個人情報、嫌がらせの画像・動画などを添付したメール、『死ね』と大量に書かれたメールが送られてくるチェーンメールもあります。不特定多数の人から毎日のように誹謗中傷メールが送られてくると、さすがに、明るい子どもでも、精神的に追い詰められてしまいます。チェーンメールで不特定多数の誰かから『死ね』と大量に書かれたメールを毎日送られ、精神的に追い詰められた子どもまでいるのです。子どもたちの間で暴力団を名乗ったチェーンメールが広まっています。「暴力団の○○組では、今、人探しをしているので、このメールを受け取った人は必ず、10名に転送してください。もし、あなたがメールを止めた場合は、今、○○組が探している相手はあなただと断定し、あなたを殺害します。○○組は最新のコンピュータを導入しているので、メールを止めた人はすぐに特定できます」という内容のものです。このようなメールを受けとると子どもたちはやはり不安になり友達に転送しているのです。このようなチェーンメールが子どもたちに広まってしまうのは、大人の責任です。チェーンメールには、「最新のコンピュータを導入しているので、このメールがどこで止まったかすぐにわかる」などの脅し文句が書かれていますが、全世界どこを探しても、そのようなコンピュータは存在しません。普段から口をすっぱくして注意してくれる大人が周りにいれば、チェーンメールが広まることはなくなるのです。さらに、人を脅すようなメールや人が嫌がる画像などは、受け取った段階では被害者ですが、誰かに転送した時点で共犯者になってしまうことも、大人は子どもに教える義務があります。東北地方太平洋沖地震に関連したデマのチェーンメールも、日本中に広まりました。「福島原発事故の影響で、今後降る雨による、人体に危険な放射能が含まれている」「電力が不足するので、節電をお願いします」「関東はすべての業種が節電で週休3日になる」などもっともらしいことが書かれているが、このメールが広まることにより、電力を使うことになり、無駄遣いをしていることになるのです。人を混乱に陥れるデマのチェーンメールを当然犯罪行為だということもしっかりと認識しなければなりません。

 

 

 

ケータイカメラを使ったトラブル相談

全国webカウンセリング協議会 安川雅史
 

高校生の彼女の裸をケータイのカメラで撮影した大学生の彼氏がいました。二人は喧嘩別れをしたのですが、彼氏が彼女の裸をネットにアップしてしまい、その画像がコピーされて広まってしまいました。二人は後日、また付き合うことになったのですが、彼氏がのせた彼女の画像が広まってしまい、削除不可能な状態になってしまいました。ケータイで撮影した画像をネットにアップして、それがコピーされて広まり、一生ネットから消せなくなることもあるのです。
また、犯罪に該当するような脅迫的なチェーンメールが増えてきています。悪質なチェーンメールには、ケータイのカメラ機能が利用されています。ケータイカメラの使い勝手のよさや利便性が人を傷つけるための凶器へと変貌していきます。クラスの中の「いじられキャラの子ども」がいました。その子が休み時間にトイレに行くと、数人のグループが彼の後をついていきました。ターゲットにされた生徒がトイレで用をたしていると、すぐ横にひとりが並び、ターゲットとなった生徒の放尿中の陰部をケータイで撮影したのです。ケータイカメラで画像を撮影すると、シャッター音が鳴ります。この音を消すために、トイレの手洗いで大声を出しながら水を出しっぱなしにしたのです。こうすることによって、シャッター音はかき消されてしまいました。自分の周囲で大きな声が聞こえたりすると、どうしてもそちらのほうが気になってしまい、すぐ横で自分の下半身の画像が撮られていることに気がつきませんでした。こうしたいじめにチェーンメールの手法を取り入れることにより、いじめは更に陰湿になっていきます。画像を添付したメールに次のような文章を添えるのです。「このメールが届いた人は5時間以内に5人に転送してください。もしあなたのところでメールが止まれば、あなたのトイレの画像も撮っていますから、今度はあなたの画像が広まることになります」このようなメールが届くと「自分も同じような画像を撮られているのではないか?」と不安になり、ケータイに登録してあるメールアドレスの中から5箇所を選び、画像を転送してしまうのです。同じ学校に通う生徒全体にトイレの画像が広まってしまい、学校に通えなくなった子どももいます。これは明らかに犯罪行為です。中学三年生の男の子で、自分の下半身の画像をケータイで撮影し、面白半分でクラスの女の子にメールに添付して送ってしまった子がいました。その女の子はクラスのほかの女の子に「こんな気持ち悪い画像が届いた」と転送したことがきっかけとなり、チェーンメールとして広まったケースもあります。

 

 

チェーンメール、架空請求、不安なメールを受け取った場合は、全国webカウンセリング協議会の下記のメールアドレスに転送してください。

 

chain01@web-mind.jp

 

chain02@web-mind.jp

 

chain03@web-mind.jp

 

chain04@web-mind.jp

 

chain05@web-mind.jp

 

chain06@web-mind.jp

 

chain07@web-mind.jp

 

chain08@web-mind.jp

 

chain09@web-mind.jp

 

(全国webカウンセリング協議会提供)

 

 

 

risu1@ezweb.ne.jp risu2@ezweb.ne.jp

 

risu3@ezweb.ne.jp dakef1@docomo.ne.jp

 

dakef2@docomo.ne.jp dakef3@docomo.ne.jp

 

dakef4@docomo.ne.jp dakef5@docomo.ne.jp

 

kuris1@t.vodafone.ne.jp kuris2@t.vodafone.ne.jp

 

(『撃退!チェーンメール!』:http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/

 

 

 

全国webカウンセリング協議会関連情報

 

 

全国webカウンセリング協議会各種講座 

ネットいじめ対応アドバイザー養成講
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検
全国webカウンセリング協議会紹
全国webカウンセリング協議会設

ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え

インターネットネット依存問題に取り組む関係機関

 

 

 リベンジポルノニュース

 

広がるリベンジポルノ

リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに

わが子をストーカーからどう守る

 

 

 

 

 

 

チェーンメール事例 

 

 

 

あれは1999年の冬.12月の出来ごとです。私には今年結婚したばかりの亭主がいます。亭主の名前は森木勝也さん。私は彼を心から愛し、誰よりも彼のことを理解していました。彼も私のすべてを理解してくれていて.愛し合っていました。幸せとはまさにそのことなのだろうと思うほど私は幸せでした。
しかしそんな幸せが突然消えていきます‥‥あの日は寒い12月のこと、私はその日体調を崩し朝から寝込んでいました。彼は私を安じ仕事を休み看病してくれていました。お昼になり体調も回復して来たので昼食にすることにしました。「彼はなにが食べたい?」と聞いてくれたので私は「あなたの作ったオムライスが食べたい」と言いました。
彼は「いいよ。あっ!卵切らしてるみたいから買ってくるね。すぐ帰ってくる
よ」と、しかしそれから1時間待っても2時間待っても彼は帰ってきません。ついには5時間が過ぎようとしたその時、電話がかかってきました。相手は警察の方「ご主人のことで大事なお話が署にこれますか?」私は嫌な予感がしました「はい」と答え私は警察署に行きました署で警察の方は深刻な表情を浮かべてます。「主人がどうかなせれましたか?」と聞くと警察の方は「ご主人は亡くなられました」とえっ!私はなにがなんだか分からなくなり「嘘ですよね?嘘と言ってください」私は泣き叫び、生きる希望を無くした気がしました。死因は通り魔による[焼死]だそうです彼は生きたままガソリンを掛けられ燃やされたそうです「さっきまでついさっきまで私の側にいてくれたのに……私がオムライスなんて食べたいって言うから……」
私は自分を攻め同時に犯人への激しい怒りが沸き、できることなら私があの人

を殺した犯人を見付けて殺してやりたいしかし彼はそんなこと絶対望んでないと思い、警察の方が犯人を捕まえ法律で裁いて欲しいと思い直しました。しかし半年、1年、2年が過ぎても犯人は捕まりません…2年間犯人が捕まることだけ考えてきました。しかし警察の方達は犯人は発見できず捜索を止めてしまったのです。私はどうしても犯人を捕まえたい……そこで決意しました。自分の手で犯人を捕まえてあの人と同じ目に合わせてやる。。しかし自分だけでは犯人を見付けるのは難しい、なので暴力団[山口組]に依頼しました。その依頼料は1億円。私には、とうてい払える額ではありませんでしたが、ここまでくればお金なんてどんな手を使ってでも払えます。そしていつか犯人を

(森木美智子さん(25)

この文は
依頼者の依頼文を山口組(仮組名)200271日にネットに流したものです。ールを受けとった方は[VVWXX102]という機械で本社に登録されます。登録解除の場合、メールアドレスを持ってる方10人にメールを回して下さい。犯人を少しでも早く見付けるためです。注))犯人ではないという方は、必ず、メールを回して下さい。もし万が一止めてしまった方は組員がその方を殺害しに行きます。以前止めた( 仮名)吉田純平さん(15)はこの文をチェーンメールと間違え、止めてしまい、組員によって首を切られ殺害されています。(2002820->中学男子殺害事件)その他にもメールを止めた方は数名いますが、皆[死亡]という結果になってます。したがって犯人の捜索をしていますのでご協力下さいますようお願いいたします。
尚、犯人を知ってるという方や事件に関して知ってる、という方は↓↓
Tel0467-48-
●●●●Emailアドレス××××@shoyo.ne.jp
〒神奈川県高座郡寒川町●●●●山口組事務所-までお願いいたします。ご勝手ながらメールを受け取った皆様に御協力お願いいたし
ます。[VVWXX102]お使いの携帯会社(aubykDDI社、DoCoMo他等)とのハッキング通信が可能な機械です。したがってメールを止めた方等の情報(名義、年齢、職業、住所等)が全て本社に行きます。

 

 

 

人を混乱に陥れるデマのチェーンメール事例

 

震災以降も人を混乱に陥れるデマのチェーンメールが出回りました。当然、善意だと勘違いしてこのようなメールを誰かに回した場合、犯罪に協力したことになってしまいますので注意してください。

 

 

 

千葉県市川市のコスモ石油で爆発があったそうです。その際空気中に有害物質が放出されたため、雨や雪などに紛れる恐れがあります。外出の際は傘やカッパを常備し、肌を露出しないようにして下さい。
 

 

「原発から100キロ圏内にいる子供にはヨウ素剤を飲ませた方がいい。
 
とろろ昆布があれば食べて」
「スーパーで客がすごい勢いで食料を買いあさってる」「脱出できる方は今すぐ新潟から西へ避難を」
 

 

 関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!
 

 

 関西地区にお住まいのみなさん。地震に伴い、関西電力が電力の提供を始めたようです。少しの節電でも立派な支援になります。電子レンジや炊飯器など、普段さしっぱなしのコンセントを今日だけでも抜いて節電しましょう。
 

 

只今、近畿のプレートが小さくなっている模様。これが元に戻ろうとすれば次は近畿に大きな地震が起きる可能性が非常に大きいので
明日、明後日は注意してください。マイミクの多い方はこの文章をコピーして拡散をお願いします。日本全国のみなさん無事を祈ります。
 

 

 埼玉県の水道水が危ない、透明でも異物混入の可能性があり飲むな
>
埼玉の人気を付けてー、水道水飲んじゃダメだよー!放送聴いてなかった人絶対飲んじゃだめだからねー!!
 

 

 自衛隊では支援物資を受け付けています。
各県の県庁が窓口です。募集品目とご注意頂きたいこと
衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。
食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品) など。

 特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。衣料はなるべく綺麗なものが喜ばれるそうです。なるべく1つの段ボールには一種類の商品仕分けの手間が減ります。

重くなり過ぎない様に。
「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。

 

 

「コスモ石油の勤務の方からです。できるだけ多くの方々に伝えてください。

 

工場勤務の方から情報。外出に注意して、肌を露出しないようにしてください!

 

コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので
外出の際は『傘』か『カッパ』などを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにして下さい!!

 

コピペなどして皆さんに知らせてください!! 多くの人に回してください!! ご協力宜しくお願い致します。」

 

テレビ番組を名乗ったチェーンメール

 

友達から協力頼まれました。よろしくお願いします。鉄腕ッシュメールがどこまで届くか実験中〓
人にメールを回して下さい。これは、本物です。国分一チームです。
今日の午前0時から明日午後1259分までのメール受信記録を〓モードセンターで確認しております。
尚、放送予定日は、8月第3週目を予定しております。
宜しくお願いします。
このメールは、番組上製作したものであり、悪質ないたずらや、転送、複写、など
等は一切お断わりします。
テレビ放送網株式会社

 

デマや噂を転送し、社会的混乱を招くチェーンメールは犯罪です。

 

進化するネットいじめ今、怖いのはLINEの“外し”女性自身 1017()配信http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci

http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/7967

 

LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231

 

201312月9日(火曜日) AERA 「KS」「外し」・・・子どもたちのLINE地獄

http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html

 

 

 

 

全国webネットカウンセリング協議会

 

ネットいじめ関連ニュース

 

 

 

全国webカウンセリング協議会安川雅史理事長に聞く

 

広がるLINEいじめ

 

わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態

 

急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」

 

ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に

 

手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界

 

          子どもとネット トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務

 

          子どもとネット 「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて

 

          ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ

 

          ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果

 

          ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

 

 

誰も見ていないなら何をやってもいいのか?

 

 

全国webカウンセリング協議会では、全国各地で年間200会場以上で、講演会、研修会を実施しております。

詳しいことは全国webカウンセリング協議会にお問い合わせください。

 

 

◆お問合せ

 

全国webカウンセリング協議会

 

http://www.web-mind.jp/

 

TEL : 03-6865-1911

 

 

〒105-0014 東京都港区芝1-5-9住友不動産ビル2号館5階

 

 

  取材のお申し込み

 

 

不登校児対応専門カウンセラー養成

全国webカウンセリング協議会の紹介ページ
全国webカウンセリング協議会活動内容

リベンジポルノ対策

LINEいじめ

広がるLINEいじめ、LINEトラブル

LINEいじめ相談事例

リベンジポルノ

リベンジポルノから身を守る対策

リベンジポルノ相談が増えた理由

リベンジポルノ相談事例

 

無視、仲間はずれ、悪口・・・保護者や教員がしっかりと弱い立場の子どもを守りましょう。
ネット上の誹謗中傷・・・犯罪行為なので警察の介入が必要な場合があります。
恐喝、暴力、強姦・・・犯罪行為。警察へ通報するなど司法の介入が必要。


卑劣な行為により大切な命が奪われることがあっては絶対にいけません!

                             

全国webカウンセリング協議会


安川雅史